美術を愉しむブログ

実際に出かけた美術館や展示会などの情報。
自分が描いた絵画をUPしていきます。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
第33回 春季創画展
第33回 春季創画展
・日時;平成19年6月16日(土)〜24日(日)
・場所;松坂屋美術館(松坂屋本店 南館7階)
・主催;(社)創画会、中日新聞社、東海テレビ放送、松坂屋美術館
・開館時間;午前10時〜午後7時30分 ただし、最終日6月24日(日)は午後6時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)

第33回 春季創画展を観に行きました。「自由な発想と多様な表現」を一貫して追求する創画展(日本絵画)。

作品は大きいものが多く、独創的な表現の作品が多かったです。でも、ちょっと素人には分かりにくい表現のものが多いよな気がしました。
| 美術館・展覧会情報 | comments(6) | trackbacks(181)
片岡鶴太郎展’07 綿の湯
片岡鶴太郎展’07 綿の湯
・日時;2007年6月12日〜25日
・場所;名古屋栄三越7階催物会場
・主催;片岡鶴太郎展’07実行委員会、中京テレビ放送
・開館時間;午前10時〜午後7時30分(入場は閉場の30分前まで、最終日は午後6時閉場

片岡鶴太郎展’07 綿の湯を観に行きました。片岡鶴太郎さんは、ドラマやバラエティー番組にもよく出演されていて、“芸能人”としても有名ですね。

そんな片岡鶴太郎さんが、どんな作品を創作していらっしゃるか、とても興味があったので、今回の展覧会は楽しみでした。

片岡鶴太郎展’07 綿の湯では、絵画、着物染付け、陶器など。幅広く創作されていらっしゃるんですね。

他にも、さまざまな“グッズ”に素朴で優しい雰囲気の絵が描かれていて、グッズはたくさん売れているようでした★
| 美術館・展覧会情報 | comments(1) | trackbacks(4)
アメリカ絵画 こどもの世界
アメリカ絵画 こどもの世界
・日時:2007年3月17日〜8月19日
・場所:名古屋ボストン美術館
・主催:名古屋ボストン美術館 ボストン美術館
・開館時間:午前10時〜午後7時 土・日・祝日は午後5時まで(入館は閉館の30分前まで)
・休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日)

アメリカ絵画 こどもの世界を観に行きました。

子供の表情がリアルに、今にも動きだしそうな姿で描かれていて、とても面白かったです。私は、写実的な絵画が好きですが、アメリカ絵画 こどもの世界は、細かな部分まで丁寧に描かれた絵が多く、まるで物語の一場面を切り取ったかのように生き生きとしていました。

一枚の絵から、時代背景や、その時代の子供の役割、服装なども分かって、解説を読むのも楽しかったですね。

5階オープンギャラリーで開催されているシャーフ・コレクション アメリカ車のデザイン1945〜70年も 観ましたが、こちらも予想外に楽しむことができて良かったです。
| 美術館・展覧会情報 | comments(0) | trackbacks(3)
第81回 国展 絵画・版画・彫刻・工芸・写真
第81回 国展 絵画版画彫刻工芸写真
・日時:2007年5月29日〜6月3日
・場所:愛知県美術館ギャラリー(愛知芸術文化センター8F)
・主催:国画会名古屋支部
・共催:中日新聞社、東海テレビ放送
・後援:(財)日本自然保護協会

第81回 国展 絵画版画彫刻工芸写真を観に行きました。

わたしは、6月2日に観に行きましたが、あまり混雑していなかったので、ゆったり観ることができました。ものすごい数の作品数で疲れてしまったけれど、楽しかったです♪

でも、すばらしい作品でも、展示される場所によってあまり目立たなかったりするので、「こんな隅に展示されてしまうなんて、可哀想だな〜…。」と思う作品も…。^^;

作品数が多いため仕方がないのかもしれませんが、「絵画」と「絵画」のスペースが狭いので、ゴチャゴチャした感じがするのが残念ですね。

全体的に抽象っぽい作品が多かった印象でした。
| 美術館・展覧会情報 | comments(1) | trackbacks(4)
日展 日本画部 春季展 第42回 日春展
日展 日本画部 春季展 第42回 日春展
・日時:2007年5月26日〜6月3日
・場所:松坂屋美術館(松坂屋本店 南館7館)
・主催:日春会、中日新聞社、松坂屋美術館
・後援:愛知県・三重県・名古屋市 各教育委員会

日展 日本画部 春季展 第42回 日春展を観に行きました。わたしは、どちらかというと写実主義の絵画が好きで、今回も、とっても綺麗に描かれたお気に入りの風景画を1枚みつけました!

でも、残念なことに、「賞」は取っていませんでした。「賞」の基準って、正直、わたしにはよく分からないのですが、必ずしも自分が好む絵画が、「賞」を取っているわけではないことも多いんです。

作者さんにしてみれば、「賞」を取ることが目標の方もいらっしゃるのでしょうけれど…。たとえ「賞」が取れなくても、こっそり好きになっている鑑賞者がいることを覚えておいてほしいなって思いました☆
| 美術館・展覧会情報 | comments(0) | trackbacks(1)
田辺聖子の世界展〜心ときめく作品と愛蔵の小物たち〜
田辺聖子の世界展〜心ときめく作品と愛蔵の小物たち〜
・日時:2007年2月28日〜3月5日
・場所:松坂屋名古屋本店本館7階大催事場
・主催:読売新聞社、NHK中部ブレーンズ、田辺聖子展実行委員会
・後援:(財)日本近代文学館
・特別後援:(財)出版文化産業振興財団
・特別協力:集英社
・制作協力:アルタスボス

夢のように日は過ぎて、お気に入りの孤独、うたかたなど。
多数の小説やエッセイを書いている田辺聖子さんの展覧会を観に行きました。

かわいらしいもの、好きなものに囲まれて生活することの大切さを思い出すような展覧会でした。

| 美術館・展覧会情報 | comments(1) | trackbacks(4)
ターシャ・テューダーの世界展〜自然とともに生きる絵本作家〜
ターシャ・テューダーの世界展〜自然とともに生きる絵本作家〜
・日時:2007年2月28日〜3月5日
・場所:JR高島屋(名古屋)10階 特設会場
・主催:中日新聞社

1915年ボストン生まれのアメリカの著名な絵本作家、ターシャ・テューダー

ターシャ・テューダーは、91歳になった今も、アメリカ・バーモント州の家で自給自足の生活を営みながら、ガーデニングを楽しみ、日用品を手作りする生活をしているそうです。

ターシャ・テューダーの世界展では、ターシャの絵本原画やスケッチ、アンティークな手芸用品などが紹介され、とても魅力的でした。

自分のスタイルを貫いている生きかたは、素晴らしいですね。
| 美術館・展覧会情報 | comments(2) | trackbacks(6)
院展 名古屋展〜再興 第91回〜
院展 名古屋展〜再興 第91回〜
・日時:2007年2月21日〜3月4日
・場所:名古屋栄三越7階催物会場
・主催:財団法人 日本美術院、中日新聞社、東海テレビ放送

1914年から開催されている院展91回を観に行きました。
平山邦夫画伯など、100点展覧されており、なかなか見応えのある展覧会でした。
| 美術館・展覧会情報 | comments(0) | trackbacks(0)
日展〜第38回 日展 東海展〜
日展〜第38回 日展 東海展〜
・日時:2007年1月24日〜2月18日
・場所:愛知県美術館ギャラリー
・主催:社団法人日展、中日新聞社
・後援:愛知県・岐阜県・三重県各教育委員会、名古屋市教育委員会
・特別協賛:株式会社キクチメガネ
・協力:名古屋市交通局

日展を観にいきました。
日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の、5部門の作品が展示されていました。

私は、絵を描くのが趣味なので、特に日本画と洋画に惹かれましたが、「描けないよな〜。」と、ため息が出そうになる作品がたくさんありました。

作品数が多いので、全部まわると、かなり疲労しますが、楽しかったです。
| 美術館・展覧会情報 | comments(0) | -
大エルミタージュ美術館展
大エルミタージュ美術館展
・日時:2007年1月5日〜3月4日
・場所:名古屋市美術館
・主催:名古屋市美術館、中京テレビ放送、読売新聞社、エルミタージュ美術館
・後援:外務省、文化庁、ロシア連邦大使館、日本テレビ文化事業団、愛知県・岐阜県・三重県各教育委員会、名古屋市交通局
・特別協賛:大和ハウス工業
・協賛:DNP 大日本印刷
・協力:フィンランド航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空、日本通産

ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館は、所蔵作品300万点を数える、世界でも有数の美術館だそうです。今回の大エルミタージュ美術館展では、そのうち80点が展示されていました。精密に描かれた絵画の数々。いまのように撮影技術がなかったからこそ、まるで写真のように描くことがもてはやされたのでしょうね。
| 美術館・展覧会情報 | comments(0) | -
Check !
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
*
PROFILE
SPONSORED LINKS